太田哲三窯2
小石原焼 太田哲三窯 

小石原焼(こいしわらやき)とは、九州は福岡県の大分との境に面する朝倉郡に、江戸時代前より存在する焼き物です。昭和6年に柳宗悦により、兄弟窯である大分の小鹿田焼き(おんたやき)とともに、脚光を浴び全国に知れ渡りました。
 
 しかし昭和30年半ば頃からの民陶ブームにより、窯が増え、都会のニーズに答える仕事で伝統的な風合いも徐々に減っていってしまったそうです。

 そんな小石原で、1958年のベルギーの万国博覧会で最高賞を受賞したことのある、父・太田熊雄さんのもとで、7年間の修行を経て独立した太田哲三さん。

その太田哲三窯では、哲三さんと息子さんの圭さんが、熊雄さんから教わった、職人としての繰り返しの熟練された誠実な仕事とともに、かつての小石原の伝統を残しつつ、それらの技法を使った、現代の暮らしと調和する、新しい解釈のハイセンスな文様や器も生み出しておられます。


太田哲三窯3


太田哲三窯3

 
 

Calendar

2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
土日祝日は、定休日とさせて頂きます。 ご注文は24時間受け付けておりますが、定休日のご注文、お問い合わせの対応は、翌営業日に行います。

About the owner

店長から

10,800円以上のお買い上げで、送料無料

初回お買い上げ時と共に会員登録して頂くと、次回から使えるポイント加算に300ポイントプレゼント!

Top