砥部焼 中田窯

砥部焼 中田窯写真4

 砥部焼とは、四国一のやきものの里である愛媛県砥部町の焼き物です。

江戸時代、地元の山から産出される刀剣を研ぐ「伊予砥」の生産がさかんに行われており、その際出てしまう砥石のクズの処理に困ったところから、磁器の生産が始まったそうです。

その後、新しい陶石の発見や、磁土の改良、また昭和の初めに不況などで生産、販売が落ち込んでしまいましたが、昭和28年に民藝運動の中心人物でもある柳宗悦、濱田庄司、バーナードリーチらにその手仕事を高く評価され、そして、その柳に終生師事した鈴木繁男さんが再興に取り組み、砥部焼らしさをいかした絵付けの指導が行われ、今もまだ鈴木さんが遺した軽やかな幾何学模様、草花の模様などを見ることができます。


 砥部焼 中田窯写真2
 
 その鈴木繁男さんが指導した梅野精陶所で職人として勤務していた中田正隆さんが、1974年に独立し、中田窯を開窯しました。1986年に伊予郡広田村(今は砥部町と合併)に移転し、木々や小川、鳥のさえずりなど自然の営みに囲まれながら、日々ぬくもりのある器を作陶しています。
 
 中田さんの器には、大量生産の磁器には決して見ることが出来ない、やわらかさがあります。それは、ご自身でこだわって配合した黒い斑点が残る素地、釉薬、造形そして絵付けから、うまれています。 人の手から造られたと感じる事が出来る、素敵な器です。


 砥部焼 中田窯 商品一覧は、こちら

 砥部焼 中田窯写真3
 
 
砥部焼 中田窯写真4
 

 

Calendar

2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
土日祝日は、定休日とさせて頂きます。 ご注文は24時間受け付けておりますが、定休日のご注文、お問い合わせの対応は、翌営業日に行います。

About the owner

店長から

10,800円以上のお買い上げで、送料無料

初回お買い上げ時と共に会員登録して頂くと、次回から使えるポイント加算に300ポイントプレゼント!

Top